ブログトップ

奥只見・銀山平で見られる山野草

豪雪地魚沼で見られる山野草写真を覚書として残そうと思いますが、間違いがありましたらお知らせください。訂正させていただきます。


by okutadami
プロフィールを見る
画像一覧

ヨツバヒヨドリ 2014

ヨツバヒヨドリの名を認識したのは、渡りの蝶アサギマダラの
存在を教えて頂いたとき。

ヨツバヒヨドリの蜜には毒があり、その毒を体内に入れることで
野鳥から餌として狙われる事を回避し、長い渡りに耐えるとの事。

そんな毒草として認識していたのですが、検索では薬草としても
紹介されていて、そこには開花期の葉を日陰で乾燥し健康茶に
また若葉は天ぷらにもお勧めらしい。

ヒヨドリバナの名前の由来も、一般的にはヒヨドリがなく頃
咲きだすとありましたが、ここでは「花が枯れると燃えやすく
火熾しの材料として使われていたことから火熾し⇒火をとると
転訛してヒヨドリになったという説もあるそうです。

多くの薬草には毒草も含まれているので、毒にも薬にもなると言う
事なのでしょうが、観察しているとアサギマダラ以外の蝶や蜂も
蜜を吸っているように見えるのですが・・

2014/7/1
d0321585_11340275.jpg
7/8
d0321585_11343582.jpg
d0321585_11345408.jpg
d0321585_11354935.jpg
d0321585_11361152.jpg
7/29
d0321585_11380264.jpg
2015年7月5日
d0321585_11255535.jpg
7月13日
d0321585_11262582.jpg
7月25日
d0321585_11270375.jpg
8月7日
d0321585_11273218.jpg
d0321585_11274885.jpg




ヒヨドリソウの仲間




[PR]
by okutadami | 2014-07-31 10:54 | ヒヨドリソウ