人気ブログランキング |
ブログトップ

奥只見・銀山平で見られる山野草

豪雪地魚沼で見られる山野草写真を覚書として残そうと思いますが、間違いがありましたらお知らせください。訂正させていただきます。


by okutadami
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ケナシヤブテマリ ・ スイカズラ科

早春に咲く低木花オオカメノキ(ムシカリ)と見分けるのが難しかった
ケナシヤブテマリの花。
何も知らなかった頃は、皆アジサイに似た花と一括りしていましたが
写真に残すことで、少しづつ違いが分かってきました。

その一つは花の咲く順番
早春1番に花を咲かすオオカメノキの花が散った後
初夏にかけて咲くのがケナシヤブテマリで共にスイカズラ科

そしてアジサイが咲きますが、アジサイはユキノシタ科なのです。

そして葉の形がハート形にくびれているのが、亀の甲羅に見立てた
オオカメノキの葉で、ケナシヤブテマリの葉は付け根が窪みません。

そして概ねオオカメノキの葉は、一回り大きいように思えますし
ケナシヤブテマリの葉のサイズは、大小2種類見かけるように思います。
これは単なる環境差なのか、それとも小サイズの葉はヤブテマリなのか

花の時期になると、しっかり見分ける決め手があり
オオカメノキは装飾花の花弁サイズがそろっているのに対して
ケナシヤブテマリは、5枚の装飾花のうち1枚だけ(時に2枚)
サイズが極端に小さいのでよく分かります。

それでは装飾花の、花弁サイズが1枚小さいことと
葉の付け根にくびれがない所に注して、ご確認ください。

2013/6/24
d0321585_14530405.jpg
d0321585_14541919.jpg
2013/6/26
d0321585_14553145.jpg
それにしても、装飾花の咲き揃う前であったり
葉のくびれも、ふっくら丸くなっていたりと、判別し辛い事も多く
成長環境や個体差もあるので、毎年?付の写真が存在してしまいます。

夏には赤い実が付き、その後黒く熟しますが、益々見分けづらくなってきます。
2013/8/14
d0321585_21423329.jpg

2013/8/20
d0321585_21435240.jpg
d0321585_21443495.jpg
2013/8/26
d0321585_15371041.jpg



by okutadami | 2014-01-06 15:17 | ヤブデマリ