ブログトップ

奥只見・銀山平で見られる山野草

豪雪地魚沼で見られる山野草写真を覚書として残そうと思いますが、間違いがありましたらお知らせください。訂正させていただきます。


by okutadami
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

コオニユリ ・ユリ科

オニユリの名前の由来を調べてみたら、
茎細く花が大きく、風に揺れることからユリと呼ばれたとあり
漢名は百合(ひゃくごう)とあり、この字が当てられたのかと納得。

また女性の美を例える「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」は
どの植物も婦人病の薬草であるとの事で、昔からの教えに納得するばかり。

オニユリは花が大きく豪快なので鬼が付いたそうですが
一回り小さいコオニユリ、オニユリが地下の鱗茎と地上茎のむかごで
繁殖するのに対して、コオニユリはむかごが付かないとの事です。

2015年8月2日 撮影
d0321585_14553329.jpg

d0321585_14561116.jpg


2014/7/29
d0321585_13202891.jpg
d0321585_13211568.jpg

2013/8/1
d0321585_15150625.jpg
d0321585_15153229.jpg
2013/8/6
d0321585_15163508.jpg
d0321585_15170326.jpg
d0321585_15172943.jpg



[PR]
by okutadami | 2015-08-30 15:19 | コオニユリ