ブログトップ

奥只見・銀山平で見られる山野草

豪雪地魚沼で見られる山野草写真を覚書として残そうと思いますが、間違いがありましたらお知らせください。訂正させていただきます。


by okutadami
プロフィールを見る
画像一覧

ブナ ・ ブナ科


残雪の中で芽吹きを始めるブナ林は、写真を撮る方の人気スポット。

橅という漢字が木+無と書くのは、材としては狂いが大きく腐り易い為
役に立たないと言われ、大量に伐採され杉や檜の造成林に変わったとか。
(他節ではブナ林で風が抜ける時ブーンとなる事からブンナノキと呼ばれた)

現在は雨水や雪などの水分を濾過し、地下に溜める役割を認められ
緑のダムと呼ばれ、鉄砲水や土砂崩れを防ぐと価値が認められています。

そう言えば、銀山平森林公園・トレッキングコースを歩くと
林の中の遊歩道が柔らかく、とても気持ちよく自然を体感できますね。

雪消えが進むと、ブナの木の下に実殻が散乱しているのが見られますが
これは前年度の物で、若葉が茂ると新しい実が付き始めます。

栄養豊富なブナの実は、熊をはじめ森の生き物たちの大切な栄養源で
時にブナの実が不作の年は、熊が里へ出てきたりと被害に繋がります。

5月11日撮影
d0321585_11000940.jpg
5月27日
d0321585_11012683.jpg
d0321585_11014853.jpg
6月5日
d0321585_11023051.jpg
6月29日
d0321585_11031847.jpg
10月18日
d0321585_11224425.jpg
d0321585_11232579.jpg

秋の色づきは黄葉から始まります。




[PR]
by okutadami | 2016-02-27 11:26 | ブナ